【心 no 叫び】by 穂花 玲

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ココロ no 叫び】by 穂花 玲

元バンドマンが文芸作家になりました。

(改訂)ひとしきり..

書籍向け無償作品 歌詞向け無償作品

Words(作詩) by 穂花 玲
【ココロ no 叫び】目次&作品一覧


「St.White poem 言葉の鎖
つながれたのは弱さだったの」


落下する砂
時計が刻む
触れられるのが怖い真相の声

報われるとか
救われるとか
そんな言葉に翻弄されてた


「弱音は誰にも分かりはしないよ」
置いてきぼりの毎日だった




乱高下の波
時間がなだめた
触れられたくない人恋しさに
繰り返しの情
惰性に彷徨う

「存在理由をただ 示したいだけ」
他人比較の毎日だった


二者択一
嘘か本当か
気にされないまま虚しく過ぎ去る



誰かを羨み何かと比較し
心が狭くなるなんて嫌だ
自尊の言葉はただ砂の針
ひとしきり
降り積もるだけなの ?



自己嫌悪の雪
比較が降らせた
触れられたくない核心の奥
強いだろうとか
凄いだろうとか
不要の見返り群れから外れる

存在理由が今 試されてる
白い気持ちが静かに語った


二者択一
嘘も何も
気にされたいだけうるさく感じた


言葉を求めて真意を探して
心が狭くなるなんて嫌だ
執着の果て裏切りの夢
一人きり
眠れやしない


誰かを羨み何かと比較し
心が狭くなるなんて 嫌だ
自意識過剰はただ砂の針
ひとしきり
降り積もるだけなの


それでもいつも人が好きだよ
一人 泣いて願った...


切なくて
ただ触れたくて
降り積もった過去の砂

悲しくて繰り返してた
ガラスの心理
降り積もる雪

哀しみ噛みしめ
時をひるがえす !



手にした真実
感じた雪解け
踏み出す勇気 冬を越え

高まる気持ちを
見つけた気持ちを
だけど
心がついていかない


二者択一
人と自分
愛されたいから生きてる選択



誰かを羨み何かと比較し
裸の王様なんて嫌だ
心がいつでも救いを求めて
傷ついてばかりだから


胸が痛いよ 胸が苦しい
それはやがて砂浜になる
胸が辛くて埋まりそうだと
ひとしきり
悩みぬいた夜



砂時計の音
温もりに気づく
辛さと名づけた St.White poem


胸に刻んだ答えは白く
雪解けの春
白さの名残り
人生の砂辺 St.White poem



書いては消してのひとしきり...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イメージ・アンサー動画(お借りしてます)

著者プロフィール(略歴)

プライバシー・ポリシー(初めにお読みください)


⬇️ランキングに参加中
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村


⬇️おかげさまで上位でございます

現代詩ランキングへ

⬇️購読の方のみ希望します

穂花 玲フリーランス文章依頼サイト:
デザイナー - クラウドゲート
↪️https://www.crowdgate.net/person/details/20591
お問い合わせ・有償依頼は
こちらからお願いいたします。


We name Free Jungle Market
ホームページ:
↪️http://free-jungle-market.wix.com/music-production-mp
© 2015 by Free Jungle Market.
Proudly created with Wix.com

⬇️独断で人選しております